平成30年度

「笹かまぼこに関する調査」

<データ販売>

近年、消費者のニーズや価値観は多様化・細分化しており、そして、商品やサービスもある意味では飽和状態にあります。労働時間の短縮による余暇の増大、少子高齢化社会の進展、女性の社会進出等でライフスタイルも変化しており、最近では、中食が急速に増加するなど、食生活にも大きな影響を及ぼしております。
こうした社会環境の変化は食品業界にも大きな影響を与えており、かまぼこ製造業界も例外ではありません。さらに、仙台名産である「笹かまぼこ」に視点を当てると、消費形態は2極分化され、その一つは“贈答用”であり、もう一つが、“自家消費用”であります。

本調査は、仙台市民1,000人を対象に、「笹かまぼこ」に視点を当て、消費者層、消費目的、消費実態、競合状況、ブランドイメージ等を把握し、今後の商品戦略、販売戦略、情報戦略等を展開していく上での必要不可欠なデータを得ることを目的に実施しました。

笹かまぼこに関する調査

売れています!