平成14年5月

 

VOICE(仙台版)調査レポート-

株式会社 東日本リサーチセンター

TEL 022(217)3021(代)

「歯の健康と歯科医院」に関する調査

当社では、日頃より“各地域の生活者の意識・実態”について各種調査を実施し、情報発信を行なっております。

さて、国民の関心事で上位にランクされているのが「健康問題」です。そして、健康な身体を支える大事な機能の一つに、「歯」が挙げられます。そこで、当社では『歯の健康と歯科医院』に関する調査を実施し、この度、その調査結果がまとまりましたので、お知らせいたします。

 

【調査実施概要】

1.調査対象

  • 調査対象者(仙台市内に居住する当社契約の消費者パネルモニター1,000人)
  • 回収状況 (対象数1,000サンプル、回収数997サンプル、回収率99.7%)

 

<回収の内訳>

①地域別                   ②性別・年代別

青葉区   (197人)       20代 男 100人 女 99人(合計 199人)

宮城野区(200人)       30代 男 100人 女100人(合計 200人)

若林区   (200人)       40代 男 100人 女100人(合計 200人)

太白区   (200人)       50代 男 100人 女100人(合計 200人)

泉区    (200人)       60代 男   98人   女100人(合計 198人)

(合計 997人)                                (合計 997人)

2.調査方法

  • 留置調査法(訪問留置、訪問回収)

 

3.調査実施期間

  • 平成14年1月

【調査結果の概要】

○“歯の健康で気になること”は、第1位が「虫歯(69.6%)」、第2位が「歯周病(59.7%)」、第3位が「入れ歯・さし歯(23.4%)」などとなっている。

 

○1日の歯みがきの回数は、「2回」が57.2%と6割近くを占めて多く、「1回」が19.3%、「3回」が18.6%などとなっている。なお、1日の歯みがき回数の平均は、2.1回となっている。

 

○“歯の健康”で知りたいことは、第1位「歯周病にならない方法(56.3%)」、第2位「虫歯にならない方法(49.6%)」、第3位「正しい歯のみがき方(34.8%)」などとなっている。

 

○定期的な“歯の健康チェック”の有無は、「している」が17.7%、「していない」が80.4%となっており、8割以上の人が定期的にチェックを行なっていないことになる。

 

○利用する歯科医院について、「決めている(44.2%)」、「大体決めている(31.9%)」を併せた『決めている』が76.1%と8割近くを占めており、一方、「あまり決めていない(12.0%)」、「決めていない(10.5%)」を併せた『決めていない』は22.5%と2割台にとどまっている。

 

○歯科医院を選ぶ際の重視ポイントは、第1位が「通院に便利なこと(70.2%)」、第2位が「医師が十分に説明してくれること(55.2%)」、第3位が「医師の診療技術が高いこと(53.9%)」、第4位が「医師の説明がわかりやすいこと(53.1%)」、第5位が「待ち時間が短いこと(47.2%)」

となっており、これらが上位に挙げられている。

 

○歯科医院の情報入手先は、第1位が「口コミ(69.1%)」、第2位が「看板(26.6%)」、第3位が「電話帳(10.7%)」などとなっており、口コミでの情報入手が圧倒的に多い。

 

○歯科医院に欲しい設備は、第1位が「殺菌効果のあるスリッパの棚(23.8%)、第2位が「子供向けのプレイルーム(14.8%)、第3位が「靴の履き替え用のベンチ(10.2%)などとなっている。

禁無断転載