平成13年3月

 

VOICE(仙台版)調査レポート-

株式会社 東日本リサーチセンター

TEL 022(217)3021(代)

 

SENDAI光のページェント」に関する調査

 当社では、日頃より“各地域の生活者の意識・実態”について各種調査を実施し、情報発信を行なっております。

さて、SENDAI光のページェントは、1986年にスタートし、2000年で15回を数えており、仙台の冬の風物詩として定着してきておりますが、一方で、資金難やケヤキに対する影響などの問題も話題となっております。

そこで、当社では、当社所有の仙台市民1,000人の消費者モニターを対象に、「SENDAI光のページェントに関する調査」(光のページェント期間中参加したもの、開催・運営費用についての考え方、今後のページェントについての考え方等)を実施し、この度、その調査結果がまとまりましたので、お知らせいたします。

【調査実施概要】

1.調査対象

○調査対象者 (仙台市内に居住する当社所有の消費者パネルモニター1,000人)

○回収状況  (対象数1,000サンプル、回収数998サンプル、回収率99.8%)

<回収の内訳>

①地域別                   ②性別・年代別

青葉区  (200人)        20代 男 100人 女100人(合計 200人)

宮城野区 (199人)       30代 男 100人 女100人(合計 200人)

若林区  (200人)        40代   男 100人 女100人(合計 200人)

太白区  (200人)        50代   男 100人 女100人(合計 200人)

泉区   (199人)         60代   男 98人 女100人(合計 198人)

(合計 998人)                             (合計 998人)

 

2.調査方法

  • 留置調査法(訪問留置、訪問回収)

 

3.調査実施期間

  • 平成13年1月

 

【調査結果の概要】

<結果の要約>

 

○2000年の“SENDAI光のページェント”は「見に行った」が31.8%、「見に行かなかった」が67.3%となっている。

○“SENDAI光のページェント”を見に行く際の同伴者は、「家族」が56.2%を占め最も多く「友人」が21.5%となっている。

○“SENDAI光のページェント”見学者(参加者)317人の、見た(参加した)イベント等(複数回答)は、「スターライト・ウインク」が30.9%と最も多く、「点灯式」が18.6%、「路上でのミニ・コンサート」が14.2%、「るーぷる仙台光のページェント号」が10.1%などとなっている。

○“SENDAI光のページェント”の開催・運営費用についての考え方(複数回答)は、「企業・団体の募金でまかなうべきだ」が60.0%と最も多く、「行政の予算でまかなうべきだ」が44.0%、「個人の募金でまかなうべきだ」が37.0%となっている。

○“SENDAI光のページェント”開催・運営のための募金経験の有無について、「募金したことがある」が47.5%、「募金したことはない」が52.1%とほぼ半々となっている。

○今後の“SENDAI光のページェント”についての考え方は、「続けた方がよい」(40.6%)と「どちらかと言えば続けた方がよい」(36.6%)を併せた『賛成派』が77.2%と8割近くに達している。一方、「どちらかと言えばやめた方がよい」(12.3%)と「やめた方がよい」(7.0%)を併せた『反対派』は19.3%となっている。

○『賛成派』の主な理由は、「仙台の名物になっているから」、「冬のイベントとして定着しているから」、「毎年楽しみにしているから」、「きれいだから」などとなっている。

○『反対派』の主な理由は、「ケヤキに悪影響を与えるから」、「資金がかかるから」、「交通渋滞が起こるから」、「電力の無駄だから」などとなっている。

禁無断転載