平成 12 年 11 月

-VOICE(東北版)調査レポート-

株式会社 東日本リサーチセンター

TEL 022(217)3021(代)

東北地域の家庭における「インターネット」の利用実態調査

 当社では、日頃より地域の生活者の意識・実態について各種調査を実施し、情報発信を行なっておりますが、このたび、「東北地域の家庭におけるインターネットの利用実態」の調査結果がまとまりましたので、お知らせいたします。

 

【調査実施概要】

1.調査対象

  • 当社所有の東北居住の消費者パネルモニター1000人【VOICE 1000 東北】

①地域別                   ②性別・年代別

青森県  (160人)       20代男女:各100人(合計 200人)

岩手県  (160人)       30代男女:各100人(合計 200人)

秋田県  (160人)       40代男女:各100人(合計 200人)

宮城県  (180人)       50代男女:各100人(合計 200人)

山形県  (160人)       60代男女:各100人(合計 200人)

福島県  (180人)                              (合計1000人)

合   計 (1000人)

 

2.調査方法および回収状況

  • 留置調査法(訪問留置、訪問回収)
  • 回収率(100.0%)

3.調査期間

  • 平成12年7~8月

【調査結果の概要】

 

<結果の要約>

  ●  東北地域における“家庭”での「インターネット利用」は、18.7%と2割に迫っている。

 ・性別では、ほとんど差は見られない。

 ・年齢別では、年齢が低くなるに連れ「利用している」が多くなる傾向を示しており、20歳代では30.5%と3割を超えており、30歳代も26.5%と2割を超えている。

 ・県別では、青森19.4%、岩手20.6%、秋田13.8%、宮城18.9%、山形18.8%、福島20.6%となっている。

●  利用者(187人)の利用機器は、「パソコン」が84.0%と圧倒的に多いが、「携帯電話」も23.5%と2割を超えている。

●  利用者(187人)の「月額利用料金(接続料・通信料の合計)」の平均は4,880円であるが、今後の希望する「月額利用料金」の平均は3,131円となっている。

●  インターネット未利用者(813人)の「今後の利用予定」は17.0%である。