当社では、日頃より地域の生活者の意識・実態について各種調査を実施し、地域に根ざした情報発信を行っております。

さて、ここ数年、北朝鮮は過去に例を見ない頻度で弾道ミサイルを発射しております。そして、平成29年の8月29日と9月15日の2度にわたり、北朝鮮は日本の上空を通過する弾道ミサイルを発射しました。その際、緊急情報が出されたことを契機に、Jアラートを巡ってさまざまな声が出ています。

また、運用面での課題も浮き彫りとなり、Jアラートと連動して情報を伝える自治体の防災行政無線やメールサービスで、情報が発信されないなどのトラブルが各地で見られました。

そこで、当社では平成29年10月に、当社の仙台市民1,000人の消費者モニターを対象とした「Jアラートに関する調査」を実施しました。

このたび、その調査結果がまとまりましたのでお知らせいたします。

調査実施概要